NICE営業物語 on kintone | kintoneで構築したSFA・営業支援システム

NICE営業物語 on kintone | kintoneで構築したSFA・営業支援システム

 強い営業育成講座! 営業スキルアップのコツ

中小企業向けSFAが必要な理由や
選ぶ際のポイントを解説!

中小企業向けSFAが必要な理由や選ぶ際のポイントを解説!

顧客管理・営業報告・案件管理・商談プロセス・行動管理・実績グラフ・スケジュール管理など、営業活動を支援するSFAは、導入によって営業活動の効率化が望めます。では、中小企業の場合はどうでしょうか。

今回は中小企業がSFAを導入すべき理由と、SFAを選ぶ際のポイントをご紹介します。導入前に知っておきたい情報を詳しく解説しているので、SFAの導入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

中小企業向けSFAが必要な理由

営業活動を効率化するSFAは、もちろん中小企業の場合でも導入するのがおすすめです。しかし、中小企業は大企業と比べると案件数が少なく、SFAを導入するメリットがあまり見えてきません。
本章では、中小企業にもSFAの導入をおすすめする理由を解説しています。

紙を使った情報管理の限界

SFAを導入していない企業では、紙や社内メールなどで顧客、予定、商談の内容などを管理しています。SFAは導入時に費用がかかる、導入するメリットが見つからないなどの印象があるかもしれませんが、SFAを導入すると情報の管理しやすさが、格段に向上します。
紙を使わない分コストも削減でき、逐一上司に報告するわずらわしさも解決できるのがポイント。

中小企業は大企業と比べると、社員数や資金力が小規模になってしまうので、機械に任せられる仕事はできるだけ任せてしまうのがおすすめです。 導入するSFAによって異なりますが、操作画面がシンプルだったり、最低限の機能だけに絞られていたり、使いやすいSFAなら操作を覚えるのも簡単です。

Excel管理の限界

企業によってはExcelを使って商談の進捗状況や、社員のスケジュールを管理しているかもしれません。紙やメールに比べると利便性の高い方法ですが、

  • 大人数で共有すると重くなる
  • 同時編集でエラーが発生する
  • データ量が多くなると動作に不具合をきたす可能性がある
  • しっかりしたセキュリティが確保できない
など、Excelも複数の問題を含んでいるのが特徴です。

特に気を付けたいのが、社外に情報が漏れる恐れのあるセキュリティの弱さです。Excelはセキュリティ面では不十分なので、大切な顧客の情報を書き込むには不安が残ります。

しかし、セキュリティ対策が万全なSFAを導入すれば、社外秘の情報も安心して預けられます。もちろん、情報を大量に登録してもデータが飛んだり、不具合を起こしたりする心配もありません。
また、社員間での共有も簡単に行えるので、ツールの同時使用人数に気を使わなくて良いのも魅力の一つです。

既存顧客と関係を強化できる

SFAでは顧客に対してどのような営業活動を行ったか、どのような商品、営業が好評だったか、顧客の業種など、顧客の情報も管理できるのがポイント。新しく顧客として関係を築いた時から、営業活動を行った時に逐一情報を追加していけば、顧客専用のデータが完成します。SFAを使って蓄積したデータは、担当者が変わったり、期間が空いたりした場合でも有効。
既存顧客との関係を大切にしたい企業こそ、SFAの導入がおすすめです。

中小企業向けSFAを選ぶ際のポイント

続いて、中小企業向けのSFAをご紹介します。SFAは製品ごとに特性があるので、その中から中小企業に合ったSFAを選ぶのが大切。ポイントを抑えて、導入する企業に合った製品を選んでみてください。

機能がシンプルで使いやすい

中小企業向けのSFAを選ぶ際は、機能のシンプルさにこだわってみてください。SFAは大企業向けに柔軟なカスタマイズが可能なものや、詳細まで設定できるものも販売しています。
中小企業でSFAを導入する際は、設定やカスタマイズがあまり必要ないものがおすすめです。

運用コストが抑えられる

シンプルな機能のSFAを選ぶ理由の一つとして、運用コストの削減が挙げられます。追加オプションとして便利な機能を追加しているSFAもあるので、基本的な機能に絞れば、無駄なくしっかり使いこなせます。

社員全員が使いこなせて定着しやすい

同様に、シンプルで機能数が少ないSFAは社員にとって使いやすいメリットがあります。高機能なSFAを導入しても、全員が使いこなせなければ意味がありません。
できるだけ操作性が高く、分かりやすいSFAを選んでみてください。

サポート体制が充実している

サポート体制の充実度も、SFAを選ぶ際にチェックしたいポイント。特に導入時や導入から慣れるまでは、サポートの手があるだけでスムーズにトラブルが解決できます。
最近ではメールや電話だけでなく、会議ツールを活用したサポートもあり、より手軽にサポートが受けられるようになっています。

中小企業がSFA導入で失敗しないために知っておくべきこと

中小企業がSFA導入で失敗しないためには

  • 無駄な機能がないか
  • 費用対効果は十分か
  • 現場の社員はSFAを使いこなせているか
  • SFAを総合的に管理する社員はいるか
を入念にチェックしましょう。
中でも、現場へのヒアリングと、SFAを専門に管理する社員は導入前に徹底して準備を行います。現場へのヒアリングができていれば必要な機能だけを導入でき、費用対効果を高められます。

【まとめ】

リソースに限りがある中小企業こそSFAで時間と人員を有効活用しよう

中小企業は大企業に比べると扱う情報量が少ないのが特徴。ただし、情報を管理する人員も限りがあるので、SFAを導入して効率化するのがおすすめです。

SFAは単に営業支援を行うだけでなく、社内で情報共有をしたり、スケジュールを共有したり、業務上便利な機能が搭載されています。また、セキュリティ面でもExcelや紙への保存より、安心して使えるのがポイントです。

これからSFAを導入しようとお考えの方は、ぜひ前向きに検討してみてください。

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」 お問い合わせ
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」のお問い合わせを受け付けています。
オンライン、訪問での無料デモを行っています。ご参考までにご覧いただくだけでも構いませんので、是非お気軽にお申し込みください。 資料請求では、価格や機能をまとめた詳細資料を最短翌日でお届けいたします。
03-5821-9761
お問い合わせ
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」に関するお問い合わせ
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」に関するお問い合わせ