紙図面変換システム ScanWaveLite

機能紹介
ScanWaveLite画面

ScanWaveLiteで紙図面をCAD変換!

ScanWaveLiteは簡単操作の紙図面CAD変換システム(ラスタベクタ変換システム)です。  紙図面をスキャンした作成されたPDF(ラスタPDF)を読み込んだ後にワンタッチでCADデータに変換可能です。再利用が難しかった紙図面を瞬時にCAD化することができます。
STEP1
紙図面をスキャンして取り込み
紙図面をスキャンして取り込み
CADデータに変更したい紙図面を複合機やスキャナで取り込みます。
STEP2
図面種類を選択して変換実行
図面種類を選択して変換実行
建築・電気・機械・地図・等高線など図面の種類を選択するだけで、最適な変換が行えます。
STEP3
変換結果をCADデータ出力
変換結果をCADデータ出力
変換結果をCADデータ(dxf)に出力し各種CADで読み込んで編集・加工していただけます。
ScanWaveLiteの活用方法を漫画でわかりやすくご紹介
ワンタッチでCAD(ベクタデータ)に変換
ピクセル要素で構成されたイメージデータ(ラスタデータ)を、ワンタッチ操作で簡単に線要素で構成されたCADデータ(ベクタデータ)に変換できます。
ワンタッチでCAD(ベクタデータ)に変換
高精度のCAD変換が可能
ハッチング部分を自動的に角度補正する機能や、ギザギザの線をまっすぐな線として補正する機能など、変換精度を向上させる機能を多数搭載しています。
高精度のCAD変換が可能
写真データのベクトル化にも対応
写真データから色の濃淡を見極めて面塗りデータに変換できます。変換後のデータをDXFに出力し、デザインなどの場面で活用できます。
写真データのベクトル化にも対応
豊富なラスタ編集機能を搭載
取り込んだ画像データを修正・加工できるよう豊富な編集機能を搭載しています。画像編集を行うことで、CADデータへの変換精度も向上します。
豊富なラスタ編集機能を搭載
ドラック&ドロップで簡単変換
CADデータに変換したいイメージデータを一発変換ツールにドラック&ドロップするだけで簡単に変換が行えます。※一発変換ツールは体験版には付属していません。
ドラック&ドロップで簡単変換
フォルダ指定して一括CAD変換
フォルダを指定して、フォルダ内のイメージデータを全てCADデータに一括変換できます。変換作業の手間を大幅に削減できます。
フォルダ指定して一括CAD変換
ScanWaveLite動作環境
ScanWaveLiteをお使いいただくためにご用意していただくパソコンスペックの目安をご案内します。
OS Windows 8、10(32bit版/64bit版)
CPU Intel Core Duo 2.0GHz以上(推奨 Coreiシリーズ)
必要メモリ 2GB(推奨4GB以上)
必要HDD 5GB以上の空き容量
必要解像度 1024×768(推奨1280×1024 以上)
付属装置 ホイール機能付きマウス、キーボード、CD-ROMドライブ、USBポート
周辺機器 プリンタ、スキャナ(必須ではありません)
その他 ライセンス認証・サポートサービスご利用の際にインターネット環境が必要となります。
ルーターなどの接続に必要なハードウェア、インターネットサービスプロバイダとの契約料、使用料、及び通話料等が別途必要となります。
備考 ※ 上記OSの32ビット版 64ビット版、各日本語版環境下で動作します。
※ OSが上記ハードウェア環境以上の性能を要求する場合、動作環境はOSの仕様に準じます。
※ ライセンス認証については、パスワード、インターネット認証からご選択いただけます。
※ サポートサービスをご利用いただく場合、年間保守契約(別途有償)をご契約いただく必要があります。
※ Microsoft社製のソフトは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Pentiumは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の登録商標または商標です。
※ その他社名及び製品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。
※ 上記動作環境は2020年5月現在のものです。動作環境は予告なく変更する場合があります。商品により、動作環境が異なる場合があります。
お問い合わせ
無料体験版や変換トライアル受付中!
体験版や無料変換トライアルのお申込みを受け付けています。変換精度をご確認いただくだけでも構いませんので、是非お気軽にお申し込みください。
050-5526-1359

TOPへ戻る