SFA・営業支援システム| NICE 営業物語 on kintone

SFA・営業支援システム| NICE 営業物語 on kintone

簡単・柔軟・定着するSFA・営業支援ツール

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」は、営業担当者の日々の活動をグループで共有して商談の進捗管理や売上げや利益の見込み管理が行えるSFA・営業支援システムです。 報告内容や管理したい情報は、お客様ごとに異なるためお客様の営業スタイルに合わせてカスタムできます。自社の営業スタイルにマッチしたシステムなので定着率も高く長年ご利用いただけます。 お客様の課題やご要望をお聞かせいただいた上で、最適な運用方法をご提案させていただきますのでご興味ある方はお気軽にご相談ください。
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」 製品概要はこちら 

営業活動を支援する便利な機能を多数搭載したSFA

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」は、営業活動を支援するための便利な機能を多数搭載しています。全ての情報は顧客に紐づき顧客を軸に様々な情報を確認できます。営業担当者の声から生まれた便利な機能を多数搭載し営業活動をサポートします。

様々な業種に特化したテンプレートを提供するSFA

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」は、kintoneの特長を活かし自由にフォームの変更や機能拡張などが行えます。今まで多くの業種でご活用いただいており業務に特化した専用テンプレートを多数構築しています。

SFAの運用に合わせて選べるプランをご用意

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」をご利用いただく際のプランや価格をご紹介しています。「とりあえず情報の蓄積を始めたい」や「全社で情報共有して営業品質の向上を図りたい」など、お客様のご希望に合わせて運用を開始できます。
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」 価格・プラン
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」 プラン価格

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」 ご紹介動画

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」は、営業情報の管理と情報の可視化により様々な導入効果があります。
一人一人の能力に頼ってばかりだった営業の業務を、SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」の導入によって情報を共有し業務の効率化を図ることができます。
たとえば、営業担当者は顧客管理や営業報告などを簡単にチェックすることで、効率良く仕事を進めることができます。
管理職や経営者は、一人一人の営業担当者が抱える悩みを一目で確認することができ、タイムリーな指示や対策を行うことができます。
営業担当者、管理職・上司それぞれの目線で捉えた効果をアニメーションでご紹介します。

営業担当者のSFA導入メリット編

多くの取引先を回って、それぞれの顧客に合わせた対応を求められる営業職。外回りを終えた後は事務所に戻って営業報告書をまとめて…と、たくさんの業務がある割には、受注に結びつかないという声も多いです。NICE営業物語 on kintoneを導入すれば、訪問予定をスマートに確認したり案件状況や活動情報をメンバー全員で共有することができるので、準備万端で効率よく営業活動に臨むことができます。商談が終われば、モバイル端末を使って外からでも営業報告を送ることができるので、時間に余裕が生まれます。空いた時間で共有されている情報をチェックしたり次の商談準備をすれば、さらに充実した営業活動に結びつけられます。NICE営業物語 on kintoneには業種テンプレートが用意されているのでわざわざ専用アプリを構築することなくすぐに運用を開始することができます。APIと組み合わせれば名刺管理システムや会計システムと連携することもでき、さらに活用の幅が広がります。

管理職・経営者のSFA導入メリット編

日々営業活動を管理している管理職や経営者の方は、部下が抱える案件状況をしっかり把握しておく必要があります。しかし大勢の部下がいればいるほど、また取引先が増えれば増えるほど、たくさんの情報を把握し、的確に利用するのは困難になりがちです。NICE営業物語 on kintoneを導入すれば、パソコンやモバイル端末で、集約された顧客情報を一目で確認することができます。キーマン情報も管理することができるので急な担当変更にも柔軟に対応することができます。もちろん、各担当が抱える案件の進捗状況や実績確認も一画面でわかりやすくチェックすることができます。リアルタイムで可視化されるスケジュールや営業報告書といったデータを把握することで、効率の良い業務の流れを作り、トラブルにも速やかに対応することができます。タイムリーに指示を出したり、営業活動の成功・失敗事例をチームで共有することで、営業活動のレベルアップにもつながります。

営業や管理者のためのコラム『強い営業育成講座』

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」は、あくまでも営業情報や営業ノウハウを共有するためのツールです。実際に営業活動を行ったり状況を分析し方向性を出していくのは『人』です。『強い営業育成講座』では、営業担当者・管理職・経営者と様々な目線から人材を育成していくためのヒントをまとめたコラムです。

SFA・CRM・MAの違い

企業の営業活動に役立つツールとしてSFAやCRM、MAといった「マーケティング支援ツール」を利用する企業が増えています。それぞれの違いは、誰の(何の)どんな活動にもっとも役立つか?という点にあります。 まずSFAというのは「Sales Force Automation」の略。SFAでは、営業活動の状況や結果と、顧客情報などを管理することができます。データを一元管理することにより、複数のメンバーで情報を共有することができ、スムーズで効率の良い営業活動を実現します。CRMは「Customer Relationship Management」の略。CRMのメインは顧客情報で、アプローチ履歴や商品の購入履歴、問い合わせなどを顧客ごとに管理することができます。SFAよりも関係性がすでに出来上がっている顧客に対して使われることが多いです。MAは「Marketing Automation」の略。Webの活用などによって、商談につながるであろう見込み顧客に対し、メール配信やアクセス解析などのマーケティング活動を自動的に継続して行います。このように、似たように見えるマーケティング支援ツールも、実はそれぞれ特徴が異なります。営業活動そのものの管理ができるのはSFAのみとなりますから、営業担当者が日々の営業活動に活かすにはSFAが最も適したツールといえます。

SFAを導入する目的

SFA導入の一番の目的は「営業活動の可視化による効率アップ」にあります。それぞれの営業担当者が抱える案件を、SFAを使って一元管理することで、メンバー同士の情報共有や日々の営業活動に活かすことができるのです。特に近年は、コロナ禍の影響で、営業担当部署のスムーズな連携がとりづらくなってしまいました。そのため、SFAのようなツールを使って簡単でわかりやすい情報共有をすることが、企業の営業活動において大変役立つのです。これまで担当者一人一人が異なる案件を抱えていた企業では、業務の進捗状況や実績は、営業担当者の能力に左右されていたはずです。こうした企業はSFAを導入することで、チームとして業務をこなしやすくなります。停滞していた案件にも取り掛かれたり、成功事例や失敗事例を共有することでチーム全体の経験値を高めることができるようになります。
kintone
30日間無料体験受付中!
kintoneを無料でお試しいただけます。

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」お問い合せ

SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」のお問い合わせを受け付けています。
オンライン、訪問での無料デモを行っています。ご参考までにご覧いただくだけでも構いませんので、是非お気軽にお申し込みください。 資料請求では、価格や機能をまとめた詳細資料を最短翌日でお届けいたします。
03-5821-9761
お問い合わせ
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」に関するお問い合わせ
SFA・営業支援システム「NICE営業物語 on kintone」に関するお問い合わせ